クシタニ「コンテンドジャケット」使用レビュー。春~初夏、そして秋と幅広い時期に着られる、運動性能の高い万能ジャケット。

春夏用のバイクジャケットを選ぶ際に、真夏はメッシュジャケットを着ないと暑くて耐えられないのでそれを着るとして、真夏を除いた春、初夏、そして夏を乗り越えた後の秋に着るためのジャケットとして、クシタニの「コンテンドジャケット」を購入して2019年の3シーズン使用しましたので、今回はそのレビューをしてみようと思います。

紹介ムービー

購入した商品のスペック

商品名 コンテンドジャケット(K-2331)
カラー シルバー
サイズ L
素材 〈表〉ナイロン100%(puコーティング,生地初期耐水圧10,000mm,透湿性3,000g/㎡/24h)、内襟/ポリエステル100%、ストレッチ部/ナイロン96%,ポリウレタン4%〈裏〉ポリエステル100%(メッシュ)
仕様 〈肩、肘、背中〉CEプロテクター(脱着式)
メーカー製品情報ページ K-2331 コンテンドジャケット クシタニ|KUSHITANI JAPAN

サイズ感とプロテクター

20200113_01.jpg

176cm/68kgの体型ですが、Lサイズでほぼジャストサイズです。腕回りと胴周りは調節機構が付いており身体にフィットさせることができます。また安全性の高いCE規格のプロテクターが肩、肘、背中に標準で付属しています。個人的には固くて分厚いのでソフトタイプに変更しました。ここは安全性を重視するか、運動性能を重視するかで選ぶのが良いと思います。ソフトタイプに変えるとかなり動きやすくなりますし、見た目もすっきりとスリムなシルエットになります。

優れた防風性能とエアインテーク

20200113_02.jpg

防風効果の高い生地が使用されており、特に高速道路などで風による疲労感をかなり和らげてくれます。暑く感じるときはエアインテークと背中のエアダクトを開けることで風を取りこめますので、実際に初夏までは耐えられました。真夏はさすがに厳しかったです。

バイクに乗ることを純粋に楽しめる、完成度の高い3シーズンジャケット

20200113_03.jpg

ジャケット自体が非常に軽く、メッシュジャケットを着ているような感覚で着られます。また、調節機構を使ってジャケットを身体にフィットさせることで風によるバタつきをかなり抑えられます。さらに、ストレッチ性も高く、首回りもスッキリしているので、運転中のストレス要素がありません。デザインも個人的にはとても気に入っています。少し涼しい日でも、適切なインナーを重ね着することで対応できました。2019年で一番使用したのがこの「コンテンドジャケット」でしたので、デザインが好みであれば自信をもってオススメできるジャケットだと思います。

関連記事

TOPに戻る